PSACompressor更新(途中経過)

2016.03.17 23:55|スマブラX改造
v0.11からv0.17に更新しました。
イベントやパラメータの閲覧機能を追加しました。
イベントの表示方法はテキストファイルから編集できます。

作成途中のものをアップロードしたようなものなので、
AttributesとSSEAAttributesは普通に編集できますが、イベントの編集には制限がついています。
また、キャラのテキストファイルがあるキャラはパラメータの編集ができます。

v0.11のSubActions Empty Data Compressを修正しました。
BrawlBoxで編集してPSA2.70で開けないファイルにも対応しました。
また、v0.15の一部のキャラを更新時時に起こる問題を修正しました。

このアプリで開いたファイルはデータをすべて読み取った後は開いたファイルを閉じる仕様になっているので、PSAなどとは違って同じファイルを他のアプリでも開くことが可能です。

テキストファイルについて
・v0.15から追加したもの
-Dataフォルダ内-
Parameters.txt - v0.15では読み込まないので消してもいい。v0.17でもあまり役には立たないだろう。
Attributes.txt - Attributesの説明を表示方法を決める。
EventListView.txt - イベントのパラメータの表示方法を決める。
Events.txt - イベント本体の表示方法を決める。
Requirements.txt - Requirementsを表示方法を決めるテキストファイル。

-CharSpecificフォルダ内-
※BrawlBox0.67bとは違い、Dataフォルダ内に入れても読み込まないので注意。
また、テキストファイルもBrawlBox0.67bのものとは全くの別物。

キャラのテキストファイル
データサイズとオフセット、アーティクルを表示する。
パラメータのデータサイズさえ決めればパラメータは表示される。
説明や型、パラメータ名を設定することもできる。
Articleのアクション数とサブアクション数なども設定できる。
v0.17からはこのファイルを読み込ませなくても、アーティクルのパラメータは編集できる。
同梱のテキストファイルのパラメータの説明表示はBrawlBoxv0.67bから持ってきたものが多い。
デデデのワドルディ達やオリマーの各色ピクミンなども設定ファイルがあれば個別にサブアクションを表示できる仕様になっている。
この読み込み方はあまり変えない方針で行くつもり。
v0.15ではArticle、Parameter、SubAction(Articleのみ)以外は無視される。
v0.17では更にArticleのActionExitに対応(オリマーにあり)
テキストや動作の詳細は別の記事で。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ICLPX

Author:ICLPX
主にスマブラXの改造をやっています。
更新ペースはその時によってバラバラです。
質問などがあれば気軽に書き込んでください。
かなり過去に書いた記事も更新することがあります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR