BrawlBoxの非対応データなどについて

2017.05.01 00:21|スマブラX改造
Model Conversion Bone Indices(ParamList49)とParamList51の間にあるParamList50(?)はBrawlBoxで見ることができません。
中の構造を見てみるとパラメータではなく、6つになったModelVisibilityのような何かといった感じのものでした。
また、このデータはModelVisibilityとは異なり、同じ位置をOffsetで指定しているところがいくつかあるようです。
通常のModelVisibilityでも、同じ位置をOffsetで指定しているデータがありました(ゲームウォッチ(HiddenとVisible両方のBoneSwitch8)、アイク(VisibleのBoneSwitch1))

BrawlBoxで"Offset"と書いてあるにもかかわらず+マークがなくてクリックしても展開できない(子ノードがない)データはそのOffsetという表示自体が間違いで、Flagsか何かだと思われます。

あと、Offset付きのパラメータデータ(?)は「data」内のものが14個、「Article」内のものが32個とそれほど多くありません。
「data」内にOffset付きのパラメータデータがあるキャラ
デデデ、ワリオ、ワリオマン Size:0x8(2つのOffsetが設定されているデータ)
ヨッシー Size:0xC、0x10 (3つの掴み関係データ。Float変数が2つとOffsetで構成されている)
ルカリオ Size:0x10 (BrawlBoxではHitDataListと表示されている)
ピット、ロボット Size:0x20 (BrawlBoxではHitDataListと表示されている、どちらも反射設定のデータで構造が同じ)
アイスクライマー Size:0x30 (Nana Sound Data。MiscSection\Sound Listsと全く同じデータ)
Kirby Size:0x18、0xE0 (4つある全てがバラバラのデータ。BrawlBoxでも表示できていないデータが多い)

「Article」内にOffset付きのパラメータデータがあるキャラ
デデデ(1)、ファルコ(5)、フォックス(5)、ゲームウォッチ(2)、カービィ(5)、リュカ(1)、ネス(1)、オリマー(2)、アイスクライマー(1)、ソニック(2)、ワリオ(1)、ワリオマン(1)、ウルフ(5)
ちなみに、フォックス、ファルコ、ウルフのOffset付きの特殊データは構造が全く同じ。
ネスとリュカのOffset付きの特殊データも構造が全く同じ。
ワリオとワリオマンは「Data」内のOffset付きの特殊データは構造が少し異なるものの、「Article」内のOffset付きの特殊データは構造が全く同じ。
カービィの「Article」内の5つあるOffset付きの特殊データはすべて構造が全く同じ。
フォックス、ファルコ、ウルフ、オリマー、ソニックはエフェクト(?)のイベントデータ(BrawlBoxではリストが「Action」と表示される)が内容やパラメータまで全く同じでした。
スポンサーサイト



コメント

掴み反撃&踏み台反撃について

現在制作中のキャラで疑問に思ったのですが、大勢の神キャラが持つ「掴み反撃」や「踏み台反撃」はどう記述すれば出来ますか?LAやICのやつを見てもさっぱりわからないものでして・・・
一応、LA[110]で掴みは無効化したのですが、サイズが2.5倍なので踏み台の餌食になりやすいんですよね・・・

掴み反撃の質問取り消しorz

すみません・・・2017.05.15 13:38の質問は前のやつと全く同じなのでスルーor消去してください・・・

非公開コメント

プロフィール

ICLPX

Author:ICLPX
主にスマブラXの改造をやっています。
更新ペースはその時によってバラバラです。
質問などがあれば気軽に書き込んでください。
かなり過去に書いた記事も更新することがあります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR